仲介手数料無料など不動産は変わり始めている

不動産業界には礼金などの時代にそぐわない習慣が根強く残っており、消費者から疑いの目を向けられることが多いですが、不景気が続く中で他のマーケットと同様に価格圧力が高まっているのも事実です。
特に最近では、仲介手数料無料を謳い文句に値ごろ感を演出する業者も増えてきました。

そもそも不動産売買の仕組みを考えてみると、売主側と買主側がそれぞれ別々の仲介業者を通して売買契約を結ぶことが多く、売り側と買い側のそれぞれで仲介手数料が発生していたという経緯があります。

ここで、売主も買主も同じ仲介業者を利用しても、それぞれから仲介手数料を別々にとるということが当たり前のように行われていたわけです。そこで、売主と買主が同じ不動産業者を介して売買契約を結ぶ際には、買主側の仲介手数料をなくしてしまうことで、仲介手数料無料物件が誕生しました。

すなわち、仲介手数料無料の物件といっても、特に品質に問題があったり、売れ残ったりした物件というわけではなく、あくまで取引形態による商売上の工夫でしかないわけです。

考えてみるとこれは本来当然のことで、むしろ今まで、両者から仲介手数料をとるという商習慣が横行していたことの方が問題と言えます。今後は消費者がもっと声を上げて、仲介手数料無料が業界のスタンダードとなるべく、不動産業界の適正化が進んでいくことを願ってやみません。

また、最近ではインターネットの普及により広告宣伝のコストが大幅に低下した上で、顧客への宣伝能力自体は逆におおきく向上したことも仲介手数料無料化に弾みをつけています。

昔はよほどの大きな物件でもなければ新聞広告などの効果の広告宣伝は利益に見合わないため現実的ではありませんでしたが、いまでは、どのような物件でもインターネットを利用することが多くのターゲットに宣伝することが可能です。

しかも広告にかかるコストは以前よりも格段に安くなっています。

この結果、買主にとっては不動産購入にかかるコストが下がるということになります。


すなわち、売主の負担が下がった分が買主に還元されると考えられます。
仲介手数料無料の物件が増えている背景には以上のような理由があるのです。

家を新築した際、まだ家には家具家電などがまだ搬入されておりません。

そんな時是非検討してみてほしいのがフロアコーティングです。

これはその会社によって呼び方使ってる薬品の種類がありますが、フローリング防汚の為にフローリングの木材の上から特殊な薬品を塗布してコーティングする方法を総称してフロアコーティングと呼びます。

ご夫婦二人、一人暮らしであるならあまり必要性を感じないかもしれませんが、家族がたくさんいたり子供がいる家庭やペットがいる家庭には特におすすめです。


このフロアコーティングをすることによって、子供の食べこぼしや床の汚れやペットの粗相なども今までは雑巾と洗剤でゴシゴシ落としてたものがサッと拭くだけで済み、かつ従来は何か月に一度かにワックスがけをしないとならなかったものがこれをすることによってワックスをかけなくても新品のフローリングが保てるのです。

掃除や手入がとてもラクなのです。

お値段は一戸建て2フロアで4LDKくらいで30万円とよく聞きます。
また、これは家を新築して引っ越す前に施行したほうがいいです。
引っ越してからやると大変面倒です。家具をどかしながらの手間賃も入るので、さらに割高になります。

新築の引っ越す前にされるかたが多いようです。

お値段も高く感じますが、掃除がラクになって面倒で大変なワックスがけが不要なのはいい点です。


また、小さいお子さんが舐めても触っても安全とのことです。

http://www.yomiuri.co.jp/life/homeguide/feature/CO016591/
https://i.4meee.com/articles/view/129318
http://matome.naver.jp/odai/2146910921002427101/2146917024943594703

会議室の研修の情報ならお任せください。

浜松でリノベーション賃貸にはこちらのサイトが最適です。

アルミサッシの窓情報をお教えします。

会議室の東京情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

建設の情報は支持されています。