不動産と地盤の強さの問題

不動産というのは概して高い買い物であり、ふつうのサラリーマンの給料年額の何倍にもなるものですので、慎重に検討をした上で決断をすることが望まれます。

お手軽さが魅力の板橋区の新築一戸建について知るならこのサイトです。

特に、不動産のなかでも一戸建て住宅を購入するか、あるいは将来的に一戸建て住宅を新築するために土地を購入するといった場合には、その敷地になる土地の地盤の強さについても、あらかじめ確認をしておいたほうが賢明であるといえます。

群馬の工務店の情報をお知らせいたします。

地盤の強さというのは、地盤の上に建築されることになる家屋の強さにそのまま反映されるものですので、東日本大震災や阪神淡路大震災のような大地震のときにもびくともしないで生き残れるかどうかということにもつながってきます。

明石の不動産について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

一定の高さから、一定の重量をもったハンマーを振り下ろして、土地に杭を打ち付けたときに、どの程度の回数をかければ杭を十分な深さまで貫入させることができるのかを数値化したものを、専門用語でN値とよんでいます。

名古屋の高級賃貸の情報ならこちらを参考にしてください。

このN値が大きいほど、その土地の地盤は堅固なものという評価がされますので、不動産の購入にあたってもおおいに参考になるはずです。

江戸川区の不動産買取の詳細についてはこちらです。

山を切り開いて造成した分譲地であるならば、当然そうしたN値が記載された書類が残されているはずですので、売買を担当している不動産会社に依頼をしてデベロッパーから聞き出してみるのもよいでしょう。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E9%96%8B%E6%89%80%E5%BC%8F

もしも地盤が軟弱であると、住んでいるあいだに不等沈下が起きて、家全体がかたむいてしまったり、あるいは地震のときに耐えられずに崩落してしまうといったことにもなりかねませんので、注意をしておいたほうがよいでしょう。

https://okwave.jp/qa/q3349132.html

http://girlschannel.net/topics/608854/

関連リンク

不動産の所在する場所と自然災害について

不動産の購入に先立っては、構造や間取り、材質、周辺環境などのさまざまな検討をするものですが、そのなかには自然災害のおそれがないかどうかも、しっかりと加えておくべきものといえます。目当てとなっている不動産が、自然災害のおそれがある場所に立地しているかどうかを確認する手段としては、都道府県、または市町村といった自治体が発行しているハザードマップを取り寄せるという方法があります。...

more

不動産取得税のあらまし

土地や家屋といった不動産にはさまざまな税金がかかりますが、なかでも不動産を取得した場合に徴収されることになっているものが、不動産取得税とよばれる都道府県税です。この税金は、土地や家屋の取得をしたときに、その価格に対する一定割合が課税されるものであり、取得の際に都道府県税事務所に届け出をしておくと、数か月経ってから納税通知書が自宅に郵送されますので、そこに書かれた税額を銀行や郵便局などで納付します。...

more
top